デリケートゾーンのジレンマ

デリケートゾーンの気がかりは、とても、においだ。夏だと、暑くて蒸れてしまうので、余計に、においが気になります。外で便所に入る時は、出来るだけウォシュレットのある便所に入るようにしていますが、ウォシュレットのない便所だと、気になってしまいます。
もう一つは、おりものの気がかりだ。おりものは、周期的に音量が多い年代があったりするので、インナーは汚れて気がかりだし、おりものが多いと、においも出てくるので、何とも困ります。生理前や生理後の、血液ではないけれど、依然色つやが残っていて、茶色くさいおりものが出る時もありますが、絶えず出ている訳ではないし、ナプキンを着けるほどではなかったり、微妙な階級な年代もあるので、そういった年代を生理の年代とプラスすると、完全に生理がない階級が少なくなるので、ある程度デリケートゾーンのにおいの気がかりがある感じです。通院保障の医療保険とは